求職者支援訓練

求職者支援訓練を受けよう

求職者支援訓練を受講後、紹介予定派遣を経て就職しました。

 

パソコン関連の訓練を受講した後に、就職しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在は社員として、内勤の仕事についております。

 

 

求職者支援訓練を受けて、
パソコン、特にワードとエクセルのスキルが
大幅に向上しました。

 

 

 

今の就職先でもまったく困らないほどです。
上司や同僚よりも詳しいかもしれません。
私の社会復帰の第一歩となったのは、間違いなく
この求職者支援制度です。

 

 

 

 

2012年の春から秋にかけて
求職者支援制度を利用し
求職者支援訓練を受講しました。

 

 

その時の体験談をもとに求職者支援制度に
関するサイトを作成しました。作成した動機は
そもそも、求職者支援制度の存在を知らない方が多いのではないのか?
という疑問からです。

 

 

求職者支援訓練は雇用保険が切れてしまった
失業者、求職者、また就職活動を考える人にとって
とても役に立ち、ありがたい制度であります。
このような制度があるにも関わらず、世間的な認知度は
今一つのような気がします。

 

 

 

 

私も2012年の3月まで知りませんでしたし。

 

 

 

 

職者支援制度ってどういう制度なの?

 

支援訓練って誰が受けられるの?

 

支援訓練でどういった事が学べるの?

 

 

 

 

私の経験、体験をもとに情報を提供していきます。
1人でも多くの人に役に立てたら幸いです。

 

 

 

教職者支援訓練を受けて就職しよう!


スポンサードリンク





 

 

私自信、パソコン関連のコースを受講しましたが、
内容そのものは素晴らしかったです。
コースのカリキュラムもしっかりしていましたし、
講師の方も素晴らしい方でした。
民間の資格スクールが実施していたので、
当然といえばそうなのですが......

 

 

 

 

 

 

これをお金を払って受講したら、
数十万円はくだらないと思います。
そのコースを無料でしかも給付金(該当者のみ)を受けながら
受講できるので、ホントにありがたい制度です。

 

 

ええ、とてもありあがたい制度です。
特に当時、2012年の3月はホントに精神的にしんど時期
でしたから。就職がなかなか決まらずにいました。

 

 

 

この就職訓練を受けながら少しづづですが、   
社会復帰をするためのリハビリみたいなことを
しておりました。

 

 

 

朝、早く起きるとか、時間通りに出勤するとか
人とコミュニケーションをするとか基本的なことです。
離職期間が長引けば、長引くほど社会から孤立してしまい、
どんどん社会復帰が難しくなってしまいます。

 

 

失言症のような症状になってしまったりします。
うまく言葉がでなかったりするのです。
それと人と会わないので、コミュニケーションをとるのが
難しくなってしまいます。

 

 

こういった状態では面接しても
いい結果を得ることは難しいです。
私も経験しましたが............

 

 

 

上記のことは経験した人でないと、なかなか理解
できないと思います。

 

 

しかし、社会人生活を送るうえで基本的なことを
求職者支援訓練を通して、少しづづ解決していけば
いいと思います。
半強制的にコミュニケーションをとらねばならない
状況に追い込まれるので、会話は徐々になれていきます。
またスクールの人は普通に働いている社会人の方達なので、
こういった方達と会話するのもいい機会ですね。

 

 

私自身がこの制度の恩恵を受けたので、(色々な面で助けられました)
当時の私と同じような立場の人(もちろんそれ以外)の役にたてたらと
思います。

 

>>求職者支援訓練の体験談に進む