どういった求職支援訓練のコースがあるの?

どういったコースがあるの?

求職者支援訓練には様々なコースがあります。
一般的なものから専門的なものまであります。

 

 

 

 

基礎コースと実践コースに分かれています。
実習期間は3か月から半年の6か月間のコースが大半です。
会社の新人研修に近いことをやるようです。
まだ社会人経験がない人にオススメです。

 

 

 

 

 

日本の社会というか、会社文化は、どこでもそうだと思いますが。
社会人としての〜とか、正社員としての勤務経験を重んじる
風潮があるような気がします。
社会人としての最低限のマナーみたいなものと
いいますか。新人研修中に叩き込まれるあれですね。
おそらくどこの会社にいってもそうだと思います。

 

 

 

二つ目は実践コースです。    

 

私が受けたのもこの実践コースです。

 

正確には基礎と実践の両方ですね。

 

ほとんどがこの求職者支援訓練がこの実践コースですね。
パソコン、プログラミング、ネイルアーティスト、介護士、
不動産実務、農業、会計、医療事務、デザイナー養成など様々です。

 

 

 

 

これらは専門資格スクールや予備校が実施していたり
するので、カリキュラムが充実しています。
真面目に受講すれば、それなりにスキルがみにつくと
思います。

 

 

実際に私も受けてみて、かなりスキルがみにつきました。

 

 

 

っで、具体的にどいったコースがあるのかは
次のページをより検索してください。
都道府県別にこれから開講予定のコースとその内容があります。
訓練実施認定校検索サイトはコチラから

 

 

⇒ http://nintei.jeed.or.jp/kyushokushien/search/

 

 

 

求職支援制度ですが、
無料で受講できる上、該当者は給付金の支給されます。
お金を貰いながら学校に通うことができるのです。

 

 

支援訓練を受けるまでの流れです

求職者支援訓練を受けるまでの具体的な流れです。

 

 

 

1 ハローワークに登録する

 

 コースを決める

 

 ハローワークで申し込む

 

 必要書類を実施校に郵送する

 

5 面接する

 

 合格したら、ハローワークで手続きをする

 

 求職者支援訓練を受ける。

 

 

 

ざっとこういった流れになります。
実際に訓練を受けるまでに数回、ハローワークに
足を運ぶことになります。
私も2,3回行ったと思います。

 

 

 

 

1、ハローワークに登録する

 

これは簡単に誰でも登録できます。
受付で用紙に記入するだけです。

 

 

 

2、コースを決める

 

受講したいコースを決める。講習期間等はコースに
よって違います。ただし、最近は期間が短めのコースが
多いようです。

 

 

 

 

3、ハローワークで申し込む

 

最初に担当の方より説明を受けることになります。
給付金の事ととか、説明があります。ここで申し込み
用紙を貰い、必要事項を記入し写真を貼って、再度
提出します。

 

 

4、実施校に郵送する

 

ハローワークで書類に印鑑をもらいます。
その書類を実施校に郵送します。
ここまでで応募完了です。

 

 

5、面接する

 

書類を送ると、後日面接日程について電話連絡があります。
実施校側がコンタクトを取ってきます。コースによっては筆記試験が
あるようです。面接の内容もコースによって様々なようです。

 

 

6、ハローワークで再度手続きをする

 

面接に合格すると合格通知が送られてきます。それをハローワーク
に持参して所定の手続きにはいります。また、就職支援計画書と
いう書類を担当者の人と一緒に作成します。人によってはここで
2回ハローワークに通うことになりますね。

 

 

7、晴れて訓練の開始となります

 

 

 

 

実施校のオリエンテーションが始まります。

 

 

 

以上が具体的な流れです。文章にすると面倒くさそうに感じますが、
実際はそうでもないです。意外と簡単に進みます。