最初の授業、求職者支援訓練のです

求職者支援訓練最初の授業です

求職者支援訓練の最初の授業についてです。
オリエンテーションですね。

 

 

 

 

面接に通ると晴れて求職者支援訓練の受講開始となります。
実際は合格通知が届いたら、それをハローワークに
持参して、就職支援計画書を作成する必要があるのですが。

 

 

 

 

 

 

最初の顔合わせは、いつになっても緊張するものですね。
最初は軽いオリエンテーションみたいな感じです。
1人1人簡単に自己紹介とかしました。
久しぶりに学校に通った気分でした。
学校といっても同年代の人は少なく
年齢のバックグランドも様々でしたね。
初日のオリエンテーションは1時間半程度で
終わりました。

 

 

 

担当の講師の方から色々と説明があります。
授業の事や給付金の事などです。
出欠席は厳しくとりますってことでした。
実際に厳しかったですね。
授業に関しての説明などもありました。

 

 

また、在籍中から積極的に就職活動をするようにと
忠告がありました。この訓練の受講事態が目的に
なってはいかんってことでしょうね。
とにかく就職を意識しながら受講して下さいってことでしたね。

 

 

これもおそらく旧基金訓練時代に、給付金目当てで受講する人や
出欠席の著しく悪い人が多かっためだと思われます。

 

 

やはり就職のための訓練だな〜って思いましたね。