受講中にやっておけばよかったこと

受講中にやっておけばよかったことです。

求職者支援訓練を受講中にやっておけばよかっとことです。
もう少し本格的にやっておけばよかったな〜、ってことです。

 

 

 

それは、就職活動です。

 

 

はい、就職活動です。

 

 

就職活動にも力を入れよう

 

 

 

 

 

求職者支援訓練中に就職活動するなんてルール違反では?
両立するのは難しいのでは?

 

 

 

っと思うかもしれませんが、就職活動は継続的にしておいたほうがいいです。

 

 

 

面接で授業を欠席しても、出席率を計算するときに
欠席扱いにはなりません。

 

 

 

 

最初の顔見世のオリエンテーションでも、積極的に
就職活動ようにと推奨されましたし。
今、振り返ってみても就職活動は
訓練期間中にしっかりやっておけばよかったな〜っと思いますね。

 

中だるみに気を付けよう

 

最初のうちは緊張感があるのですが、だんだんと
中だるみというか、そういったものが生まれてしまったのも
事実ですね。

 

 

 

 

 

 

これは私だけでなく、他の受講生も同じだったようです。

 

 

 

 

これから求職者支援訓練を受講する方には、
訓練と並行して就職活動することを強くお勧めします。
ハローワークに通ったり、求人誌をみたり、
転職斡旋会社に登録してみるといいかもしれません。

 

 

 

特に就職、転職斡旋会社に登録すると、
先方から連絡がくるので、嫌でも就職活動
することになりますで、オススメです。
ネット上にある斡旋会社にはどんどん登録
しておいた方がいいですね。登録だけでしたら
無料ですし。

 

 

 

履歴書や職務履歴書等の書類作成も
後々やろうと思っても面倒ですし、在学中に
やってしまった方がいいですね。

 

 

 

求職者支援訓練終了後に職場があるのが
理想ですよね。