求職者支援訓練

求職者支援訓練の面接

求職者支援訓練には面接があります。
一番ネックになるのは面接だと思いますので、
面接についてのページを作りました。

 

 

 

 

面接ですが、書類を実施校に送った後に、先方から
電話で連絡があります。その際に面接の日時を決定します。
この時のから面接は始まっていると考えた方がいいです
もちろん、この電話だけで合否が決まるとは限りませんが、
あまりにも受け答えが悪いといい印象を持たれません。
ですから、神経質になる必要はないと思いますが、
丁寧に返答することをオススメします。

 

 

 

 

私は面接担当者の方から直接連絡がありました。
これはコースによって違うようですね。
書類で落とされるといった事は聞いたことがありません。
ただし、面接で不合格になる人はいるようです。

 

 

 

また筆記試験を実施するところもあるようです。
それも事前に確認しておいた方がいいで無難ですね。

 

 

 

面接といっても堅苦しいものでないので、
リラックスして受けるといいと思います。

 

 


スポンサードリンク



面接でどういうことを聞かれたか

面接ですが、面接官2人と私で行われました。

 

 

面接では、まずコースについての説明がありました。
それと給付金に応募するか、しないかの確認もありました。

 

聞かれたことは、

 

簡単な職務経歴

 

パソコンのスキル

 

求職支援終了後の予定

 

質問はありますか?

 

このような質問をされました。

 

 

面接というよりは、簡単な経歴、受講する意思表示の確認の
ようでしたね。重苦しい雰囲気ではなかったです。
ある程度の準備はしておいた方がいいと思います。
今までの職歴、動機等、質問を2つか3つぐらい用意して
おいた方がいいですね。
私は就職に関しての質問をしました。

 

 

余談ですが、やはりスーツで行ったほうが無難だと思います。
相手は社会人ですからね......

 

 

スーツがない!!って人向けに
格安で購入する方法をまとめました。

 

 

>>格安でスーツを購入する方法のまとめ

 

 

 

 

 

 

私服でもOKのところは多いと思いますが、
身だしなみには注意した方が無難だと思います。
ジーンズは避けておいた方がいいかもです。

 

 

 

 

 

面接の内容もコースによって違うようです。
筆記試験を実施するかどうかも、コースによって
違いますので、確認してみることをオススメします。

 

 

 

>>面接で落ちた、不合格の場合のページに進む