求職者支援訓練

職業訓練給付金について

求職者支援訓練を受講するにあたって、該当者には
給付金が支給されます。

 

 

給付金?

 

ええ、
お金です。

 

 

返済不要です。

 

 

 

単刀直入に言うと、国からお金を貰いながら受講できるのです。

 

 

すごい制度ですよね、お金を貰いながら訓練できるんですから。

 

 

求職者支援訓練はあくまでも訓練ですが、
国の社会保障としての側面もあるようです。
国からか給付金を貰いながら、受講できるなんて
失業者や離職者にとって、ホントにありがたい制度です。
しかし、もちろん全員が受けられるわけではありません。
条件を満たす必要があります。

 

 

 

ただし、勘違いだけはしないようにしてください。
あくまでも生活補助としての給付金です。
給付金目当てで受講するのは論外です!


スポンサードリンク





どうすれば給付金が受けられるの?

給付金(職業訓練受講手当と通所手当)を受けるための条件です。

 

 

私が受講したクラスでは半数の方が給付金を受けていました。

 

 


1 本人収入が月8万円以下

 

2 世帯全体の収入が月25万円(年300万円)以下

 

3 世帯全体の金融資産が300万円以下

 

4 現在住んでいるところ以外に土地・建物を所有していない

 

5 全ての訓練実施日に出席している(やむを得ない理由がある場合でも、支給申請の対象となる訓練期
   間の8割以上出席している)

 

6 同世帯の中に同時にこの給付金を受給して訓練を受けている人がいない

 

7 過去3年以内に、偽りその他不正の行為により、特定の給付金の支給を受けたことがない

 


厚生労働省のPDFファイルより抜粋
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/kyushokusha_shien/dl/kyusyokusya02.pdf

 

 

 

支給額は10万円です。通勤手当は上限額があるようです。
この額を多いとみるか少ないとみるかは個人差がありますね。
私はお金を貰いながら、職業訓練が受けられるのですから
たいへんありがたい制度であると思います。
上記の条件に該当するかどうか、わかなり方は
ハローワークにいって相談するといいと思います。

 

 

 

または
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/kyushokusha_shien/dl/kyusyokusya02.pdf
を参考にしてください。

 

 

 

 

 

もちろんこの給付金目当てで受講するのはご法度です。

 

 

 

実は、この求職者支援訓練の前の制度である
旧基金訓練制度の時には、給付金目当てで受講する方が
少なからず存在したようです。
そりゃ、なにもせずにお金がもらえるわけですから。
ほとんど出席しないような人もいたようです。
こういった背景から給付金の受給資格が厳格化
されたようですね。

 

 

 

あくまでも訓練のための生活費を援助するための
制度なので、勘違いはしない方がいいです。
というより、してはいけません。
給付金とは別に、生活費が足りない場合は労働金庫
の融資制度があります。
これは審査付きで返済義務があります。

 

 

 

詳しくは
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/kyushokusha_shien/dl/kyusyokusya02.pdf
を参考にして下さい。

 

 

 

 

 

>>面接、選考試験についてのページに進む