求職者支援訓練と就職活動

面接の準備をしよう

面接の準備は重要です。とても重要です。
私も予め想定される質問の準備は
しておきました。

 

 

だいたいこれぐらいの準備はしておいた方が無難です。

 

 

自己紹介をして下さい

 

長所と短所は?

 

前職を辞めた理由は?

 

離職期間中に何をしていましたか?

 

質問はありますか?

 

 

 

私もこれらの質問に答えられるように準備をしてから
面接に臨みました。
自分で考えたというより、本やマニュアルを読んで
自分にあうように表現を変えたりしました。

 

 

全て自己流でやろうとすると、途中でボロがでて
失敗すると思ったのでやめました。

 


スポンサードリンク





 

 

ここで問題となるのが、4番目の離職期間中に何をしてたか?ってことですね。
この質問はかなりキツイですね。
適当にニートとかフリーターをしていましたとか
正直に答えてしまっては、落ちると思います。

 

 

ここをどうするか問題ですね。

 

 

私は正直に就職活動をしていたのだが、うまくいかなくて
離職期間が延びてしまった。それでも、再就職を意識して
何かスキルを身につけるために求職者支援訓練を受けた。
生活費を捻出するために、アルバイトや派遣社員をしながら、
就職活動を続けていた。

 

 

っ的な感じでまとめました。

 

 

 

絶対に、離職期間中にぶらぶらとだらけていましたとか
答えてはだめでっせ。

 

 

 

5番目の質問はありますか?ですが、
これ意外と重要なようです。
一発逆転できるようです。

 

ってか、できます。

 

 

絶対にやってはいけないことは、

 

「最後に何か聞いておきたいことはありますか?」

 

 

特にございません。

 

 

 

この最後の質問なしは避けておいた方が無難です。

 

 

 

 

予め1個か、2個用意しておいて、
あとは面接中に疑問に思ったことを
質問するのが無難だと思います。

 

 

 

この最後で一発逆転ホームランが狙えるようなので
最後までがんばったほうがいいですね。
面接の途中でこりゃだめかって思っても
最後まで粘った方がいいですね。

 

 

 

最初はグダグダでも最後の最後でよかったってことは
意外とありますね。

 

 

 

 

面接も最後まで諦めない方がいいですね。
この会社で働きたいっていう意欲はもって
おいた方がいいです。

 

 

 

 

>>就職活動を終えてに進む