求職者支援訓練と就職活動

面接時の姿勢に注意しよう

姿勢も結構重要です、
私が気を付けたことは3点あります。

 

 

 

 

あごが上に上がらないようにする

 

 

 

これも個人差がありますが、緊張してはなそうとすると
あごが上にあがってしまう傾向がありました。
ですから、あごが上にあたらないように、下に下に引くように
心がけました。

 

 

 

肩が前に出ないようにする

 

 

 

私は肩が前にでてします癖がありました。
私の同じような癖を持っている人もいると思います。
肩が前にでていると印象がよくないようです。

 

 

なので、胸を少し張るようにして、肩を力を抜き
やや肩を後ろにもっていくといいです。

 


スポンサードリンク



 

 

わざとらしくやるとオードリーの春日みたいに
なってしまうので、気を付けたいですね。

 

 

 

ゆっくり腹式呼吸をする

 

 

 

面接をすると緊張してテンパるせいか、呼吸が
浅くなってしまう傾向がありました。
また緊張のせいもあるかもしれません。

 

 

そうなると、交感神経が上がりすぎてしまいます。
副交感神経を高めるために、ゆっくりと腹式呼吸を
心がけました。

 

 

呼吸法なんて意味があるの?って思うかもしれませんが、
意外と効果があります。
どうしても緊張してしまう人は、ゆっくりと腹式呼吸をして
みることをオススメします。

 

 

 

 

>>面接の準備のページに行く