求職者支援訓練と就職活動

履歴書、職務履歴書について

履歴書と職務履歴書を書く必要がありますね。
これはかなり面倒です。

 

 

結論からいいますと、受かりやすい履歴書や職務履歴書を
真似るのが一番です。

 

 

そのまま真似るのではなくて、少し文章を変えたり、
表現を変えたりするといいです。
類語辞典等を参考にするといいですよ。

 

 

 

そうしたらオリジナリティーがなくなるじゃないか?
独創性がなくなるじゃないか?
って思うかもしれません。

 

 

 

職種によってはその通りだと思いますが、
普通の事務職では、企業側はとりあえず
無難に仕事をこなしてくれる人を求めているように
感じましたね。

 

 

 

 

正直すごく面倒ですよね、
履歴書と職務履歴書って。
私ももう、書きたくないですね。

 


スポンサードリンク



 

 

 

 

ですが、こればっかりは避けて通れませんね。
作成する必要がありますね。

 

 

 

やはり面接官受けがいい履歴書、職務履歴書と
そうでないものがあるようです。

 

 

 

昔は何度も何度も書類で落とされていましたね。

 

 

その当時は何故落ちるのか理解できませんでした。
何度も落とされるので、その度に凹んでましたね。

 

 

 

 

今思うとかなり独りよがりの履歴書、職務履歴書を
書いていたと思います。自分では、面接官や企業側の
立場になって書いたつもりですが。
なかなか気が付かないものです。

 

 

何度の落ち続ける人は、間違いに気が付かず、
自分一人でやっている人が多いようなきがします。
私がそうであったように。

 

 

 

そこで、ネットではなくて本屋に行って、数冊本を
買ってきたり、マニュアルを参考にしたりして作成しました。
そうすると、そこそこ受けのいい履歴書や職務履歴書が
出来上がりました。

 

 

 

やはり、通りやすい履歴書と職務履歴書を真似るのが
一番確実で、おすすめです。

 

 

 

またハローワークの担当者の人や、エージェントの人にも
チェックしてもらうといいと思います。

 

 

履歴書、職務履歴書の次は面接対策ですね。
いうまでもなく、面接は超重要ですよね。

 

 

 

>>面接対策のページに進む